子供シューズの正しい選び方を学ぼう

お母さん達必見です!子供シューズの選び方

子供

子供シューズの基礎知識

子供の足は、あっという間に大きくなります。そのため成長時に合わせて子供シューズの選び方がとても大切です。「選ぶ基準や成長段階っていつだろう。」と迷っている方必見なので正しい履き方や選ぶ時のポイントをまとめて紹介します。

READ MORE

新着情報

靴に関する注意点

子供シューズの選び方

子供はお母さんが選ぶ子供シューズを履きます。そのためサイズがきちんとあった靴を選んであげましょう。
また子供シューズを購入する際、必ず試し履きをしてください。サイズが合わない靴を履いてしまうと、足に負担がかかり、成長を大きく妨げることになります。そしてインターネットなどで購入の場合は、必ず子供の足のサイズを測り表記に合わてください。

サイズの測り方

靴のメーカーによってサイズは異なります。サイズは3ヶ月から半年を目安に測りましょう。靴屋さんで計測してもらうのも良いでしょう。しかし、なかなか外出することが出来ない方に、簡単に計測できる方法があるので試してみましょう。それは足のかかとから人差し指まで一直線に図ります。人差し指の約0.5センチから1センチまでゆとりがあると良いでしょう。

湿気に注意

夏の暑い時期や梅雨などの時期は靴にとって良い時期とは言えません。汗をかいたまま靴を玄関に放置するのではなく、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。特に子供シューズなどの毎日子供が履いている靴はしっかり乾かすようにするべきです。

雨が降った後の対策

雨が降った後は靴の中がしっかり乾いてなくて、そのまま履くと傷む原因となってしまいます。そうならないように雨降りに履いた靴は新聞紙などの紙を靴の中に詰めて湿気を完全に取るように対策しましょう。

お母さんが選ぶ子供シューズ機能ランキング

no.1

中敷き

子供が足に合わない靴を履くと、正しい歩き方が出来なかったり、疲れやすかったりします。クッションがある中敷きで疲れを和らげたり、滑りを減らしたり出来るのでお母さん達が靴選びで重視するランキング1位になっています。

no.2

つまさき部分

靴が狭くてきついと、歩きにくて足幅が締め付けられて、指の発達を妨げてしまいます。ある程度つま先にゆとりがある靴でまるみのある靴を選ぶことがポイントになっています。

no.3

通気性

子供は動き回る時期になると、汗の量も増えるので、通気性が良い靴選ぶお母さん達も多いです。汗をかくと
雑菌も増えます。ムレた靴を履いたままですと、皮膚に炎症を起こす子供も多いので、甲の部分に通気穴が開いている子供シューズが増えています。

no.4

履きやすさ

子供のストレスにならない為にも履きやすさは、大切にしているお母さんも多いです。足のサイズに合わせて
しっかりとためし履きをさせ、子供が自分で着脱しやすい靴選びをしましょう。

no.5

デザイン性

目的に合わせたデザイン性のある子供シューズを選ぶことを重視しているお母さんも多くいます。子供の好きなキャラクターがデザインされている靴は様々なメーカーから販売されているので手軽に購入できます。

[PR]

子供シューズなら専門店で買うのが最適
セール情報などもすぐにチェックできる☆

子供の靴の基礎知識

親子

清潔に保つ

子供は、汗をかいたりすることが多いので、長い時間ムレた靴を履くことが多いです。その為、不潔な状態で過ごすことになり足の臭い、靴の臭いが強くなります。毎日のお風呂で丁寧に洗うことで、臭いを半分に抑えることが出来ます。

消臭クリームを塗る

学校や部活で汗をかく子供達もいっぱいいます。着替えをこまめにすることが大事ですが、なかなか出来ません。登校する前に、消臭クリームをさっと塗っておけば効果的です。

広告募集中